トップページ

 

まずは体験授業

 何事もそうですが、いきなり決定するより、まずは体験してみることが大切です。
面接や体験授業では、普通の授業と同じように、家庭で行われます。ほとんどの派遣会社では、担当する教師が体験授業を行います。最初の30分ぐらいは、緊張をほぐすために話し合いをすることが多いです。(「東京の高校に通っていた」といったような自己紹介など・・・)まずは、挨拶や言葉遣いなどをチェックしましょう。(影響を受けやすい年頃なので、言葉遣いが悪かったり、態度が悪いと心配になりますよね。)それから、指導する上でのポリシーや、指導経験なども尋ねましょう。今の成績や今後の目標(目指している志望校が東京の○○大学である)などを話し合い、勉強方法を決めていきます。
話し合いが終わると、授業に移ります。コミュニケーションは取れているか、子供の視点に立ち、分かりやすく教えているかなど、立ち会って確かめましょう。教えるのが上手い家庭教師の先生は、例え話などで分かりやすく、楽しく授業を進め、子供を飽きさせません。
体験授業も時間が決められているので、質問したい事は前もって考えておいた方がいいでしょう。体験授業のときの先生が、実際の授業でも来てくれるのか、確認しましょう。違う先生が来て、トラブルになることもあるようです。
契約するかどうかも、授業が終わってすぐ決めるのではなく、子供ともよく相談して、返事は後日にしましょう。その場の雰囲気で契約してしまうと、後で後悔することもあるかもしれません。

塾との違い

まずは体験授業

料金はどんなものが?

授業の進め方は?

お問い合わせ